愛知・岐阜の注文住宅は川島建築へ
HOME>強くて低コストの家

外壁通気工法

外壁通気工法
外壁通気工法

 

湿気は、外壁材や床下などを通じて入り込み、壁体内に結露を起こします。木材は湿気たり、乾燥したりを繰り返していくと、耐久性が低下してしまいます。


そこで当社は、外壁通気工法を採用しています。
構造体と外壁材との間に外気が流れる層をつくることによって、壁体内の湿気を通気層を通して外に放出し、湿気が防ぎ、建物の耐久性をアップします。さらに、冷暖房効果も高まり、省エネ効果が期待できます。