愛知・岐阜の注文住宅は川島建築へ
HOME>強くて低コストの家

基礎工事

ベタ基礎
ハイパー逆ベタ基礎

川島建築では、建物の下全面を鉄筋コンクリートで固めたベタ基礎を採用しています。
どれだけの荷重に耐えられる土地かの地盤調査を行い、その地盤に合った改良工事や基礎の工法を検討します。住宅を建てる土地は、固そうに見える土地でも、場所によって地盤の構造は大きく違います。軟弱地盤だった場合に、もし有効な対策のないまま家を建てると、不揃いに沈下するいわゆる"不同沈下"が起こります。大切な注文住宅・マイホームが傾いてしまわないために、当社では着工前に必ず地盤調査を行い地耐力を把握し、それぞれの土地に最適な基礎造りを行っています。
ベタ基礎は、基礎の底部が一枚の板状になっていますので、コンクリート面全体で建物を支える構造になっております。地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。また地面をコンクリートで覆うことで、白アリの進入を防いだり、地面からの湿気対策にも有効です。

→ 弊社基礎施工例

ベタ基礎
 
image1
ベタ基礎
image2
ベタ基礎
image3
ベタ基礎
image4
ベタ基礎
image5
ベタ基礎
image6
ベタ基礎
image7
ベタ基礎
image8
ベタ基礎
image9
ベタ基礎