無垢の木の注文住宅|愛知県春日井市|川島建築
HOME>アクティブ・リフォーム

曳家工事

曳家工事
曳家工事
地鎮祭

お払いも無事に終わり、いよいよ曳家工事の開始です。
曳家工事とは、一口で言えば家の移動工事のことです。土地区画整理により家を移動したり、日当たりを良くするために回転したりすることができます。 


既設床解体工事
地盤調査

建物を持ち上げるために既設の床を解体します。今回の工事では、再利用するとのことでしたので、丁寧に解体しました。

 


 

 
ジャッキアップ工事
地盤改良工事

土台の下に鋼材を入れ建物を移動するので、レールをセットしジャッキアップします。建物全体が傾かないように均等にジャッキアップをします。




 

レール設置

地盤改良工事
移動コースに枕木と鉄骨レールを敷詰め、いよいよ建物を引張ります。曳家をする時は、水平・垂直のバランスを調整し、ゆっくりと作業をすすめます。
 
 

曳家工事(建物移動中)
棟上

建物の平行を確認しながら、移動先の新設基礎を目指して移動中です。この時の微調整が、とても難しいそうです。職人技の見せ所ですね。


 
 

曳家工事(建物移動中)
内部工事

レールとジャッキアップした建物の間のコロ(丸い鉄の棒)は、建物が移動するたびに職人さんが再設置しては、また移動していきます。


 

基礎と建物固定・床補修工事
外部工事

ジャッキダウンしてあらかじめ造っておいた新設基礎と建物土台を固定して完了です。ジャッキダウンの際は、水平を確認しながら、ゆっくりと建物を降ろします。

今回の曳家工事は、区画整理等に伴う建物の移動でした。移動距離は約15m、工期は1週間かかりました。