無垢の木の注文住宅|愛知県春日井市|川島建築
HOME>アクティブ・リフォーム

土留工事

土留工事(重力式擁壁工事)
重力式擁壁
地鎮祭

重力式擁壁工事の開始です。
重力式擁壁とは、自重により土圧を支える無筋コンクリート(鉄筋が無い)の擁壁です。
鉄筋が無いので、擁壁体内にコンクリートの抵抗力以上の引張力が発生しないように設計します。 

砕石転圧・捨てコンクリート打設
地盤調査

砕石を地面一体に敷き詰め、転圧を行います。自然石を利用しますので、土壌汚染や地下水の汚染を心配する必要もありません。
砕石を敷き詰め転圧が完了しましたら、捨てコンクリートを打設します。 捨てコンクリートとは、基礎コンクリートを作る前に、地盤の上に打設されるコンクリートです。凸凹な地盤の上に人工的に水平面を造ることで、設計図を元に原寸図を直接書くことができます。すべての工事はこの面にしたがって進んでいきます。

型枠工事
地盤改良工事

パイプサポートにて、コンクリートの圧力に耐えられるようにしっかり固定していきます。



 

原寸法確認

地盤改良工事
設計図面通りの寸法に仕上がってます。
コンクリートを流し込む前には、現地で立会いの上必ず確認をします。設計図面と異なるような場合は、その場ですぐにやり直してもらいます。
 

コンクリート打設
棟上

原寸の確認が終わりましたら、いよいよコンクリートの打設です。
当日の天気、気温等を予め考慮し、コンクリートの配合を決めていきます。


 
 

重力式擁壁完成
内部工事

重力式擁壁の型枠も無事に外れました。コンクリート独特の美しさを見てほっとしました。
コールドジョイントもなく完璧な仕上がりです。

 

整地
外部工事

コンクリート打設後の養生期間も終わり、整地作業にて工事終了です。
擁壁工事を行う場合、残土(擁壁設置のために掘り起こした土)のことを忘れてはいけません。思った以上に残土が出ますので、ダンプカーで搬出するところまでが工事になります。