愛知・岐阜の注文住宅は川島建築へ
HOME>リフォーム施工例

| リフォーム施工例 |

名古屋市守山区 N様邸
スリムプレート、筋交プレートの取り付けになります。
構造用合板の厚さ=12mmです。N50釘を土台・柱・梁へ、150mm間隔で施工します。
名古屋市守山区N様邸。

名古屋市守山区N様邸、耐震補強工事になります。

ここで、耐震補強工事の流れになりますが、
 ① 建物調査(設計図書を確認し、天井裏や床下を調査)
 ② 耐震診断
 ③ 補強計画
 ④ 補強工事
となります。
②の「耐震診断」は、昭和56年5月31日以前の建物ですと、自治体の負担により無料で行うことができます。また、耐震補強にかかる工事費の補助金もあります。名古屋市の場合ですと、工事費の1/2かつ上限が60万円です(※0.7未満→1.0以上になった場合)。
その他、所得税の特別控除(上限20万円)や固定資産税の減額(120㎡までの部分が3年間1/2に減額)を受けることもできます。

今回の耐震補強工事では、1階と2階の合計15ヶ所の壁を補強させていただきました。
耐震診断の結果も0.44→1.15になり、安心して生活送っていただけます。
工事日数ですが、3週間の工期となりました。


選べる家の外装・設備土地付きプランセット強くて低コストの家