愛知・岐阜の注文住宅は川島建築へ
HOME>お役立ちQ&A

購入時の疑問

土地を持っていないんだけど、土地探しはどうすればいいの?
川島建築は無理のない予算内で建物のプランを提案します。
新聞の折込チラシや専門誌をまめにチェックしたり、地元の不動産会社に行って探す等の方法があります。しかし、チラシの不動産の専門的な表現はわかりにくいですし、不動産会社はお客さまの資金力によって真剣に取り合ってくれないところもあります。そういった中から個人で優良物件を探すのは、なかなか難しいものです。

そこで、川島建築をご活用していただけたらと思います。
私共では土地の取得から建物の設計、施工、アフター保証までトータルにマイホーム作りをサポートしています。土地の取得に関しては、直接地主や地元の優良不動産会社とタイアップしてご希望の土地を少しでもお客さまが手に入れやすい価格で提供できるよう努力しています。
そしてその土地に合った、無理のない予算内で建物のプランを提案します。
土地もない上に、頭金もないけど大丈夫?
実際に多くの方が、頭金なし、土地もなしと言う条件で住宅ローンを組まれ家を建てていらっしゃいます。
頭金については後々のことを考えますと物件価格の2割、できれば3割程度を用意できれば ベストと言えますが、実際に多くの方が、頭金なし、土地もなしと言う条件で住宅ローンを組まれ家を建てていらっしゃいます。
当社は地元の金融機関とタイアップし、一人でも多くの方にマイホームを持っていただけるよう努力をしています。
借り入れの際の基準は融資の種類によって細かく決まっているのでご相談されたい方は
こちらまでお問い合わせください。

ただ、頭金がいらないからといって決して無理な返済計画をたてないようにする事が大切です。
一つの目安として、月々の支払いが今の家賃並み、年間返済率が年収の25%~35%らいであることが理想です。

そうすると、建築費用を抑えることがポイントになってきます。
当社では、品質のよい建物をいかにコストダウンして造るかを真剣に研究してきましたので、その点は自信を持っています。
併せて
モニター制度もご活用いただくと、同レベルの建物が大手ハウスメーカーより何百万円も安く建ってしまった、というケースも出てきています。
諸経費はどれくらいかかるの?
土地と建物をセットで購入する場合、実際に様々な緒費用がかかってきます。

土地と建物をセットで購入する場合、実際に様々な緒費用がかかってきます。その代表的なものを以下に挙げていきます。
なお、※印はかかる場合とかからない場合があるものです。

  1. 銀行ローン保証料
    ローンを組む際に銀行の保証会社にお支払いいただきます。
  2. 火災保険
    各社様々な商品があり、地震保険なども選べます。
  3. 登記費用
    抵当権設定、表示登記、保存登記など司法書士にお支払いいただきます。
  4. 屋外給排水工事費用
    敷地条件により異なります。
  5. つなぎ融資費用(※)
    銀行により様々です。
  6. 外溝費用(※)
    カーポート、アプローチ等をつける場合にかかる工事費用です。
  7. 地盤杭打ち補強工事費用(※)
    地盤調査後、検討します。
賃貸するよりマイホームを建てた方がお得って本当?
賃貸アパートでは、一生捨て銭かもしれません。

賃貸アパートでは、一生捨て銭かもしれません。マイホーム取得というきっかけで、土地という新たな資産が形成でき、さらにご子孫の財産になります。
一つの例ですが、比較してみましょう。


築7年3DKのアパート

家賃(月額) 65,000円
駐車場(月額・2台分) 3,000×2=6,000円
共益費(月額) 2,000円

合計 73,000円×12ヵ月=年間876,000円

新築4LDK住宅

土地(55.00坪 ) 1298万円
建物(38.00坪) 990万円
総合価格 2,283万円(消費税込)
頭金 0円・全額借入 22,830,000円
(ボーナス無し35年返済・3年固定金利0.9%)
 

ローン返済(月額)……………60,304円
60,304円×12ヶ月=年間723,648円
住宅ローン控除(年額)-228,300円

合計 723,648円-228,300円=年間495,348円

 
工務店がいいってきいたけど、ハウスメーカーや設計事務所とどうちがうの?
マイホームを建てるには大きく分けて、4つの方法があります。
ハウスメーカー、設計事務所、工務店、FC(フランチャイズ)店がその代表です。ちなみに、当社は工務店です。
それぞれにメリット・デメリットがあり、一概にはどこが良いとは言えませんので、その方に合った会社を選ぶべきだといえます。展示場をたくさん回っていただくのも参考になるかもしれません。
欠陥住宅が心配です・・・ 。
建物には全て10年間の長期保証も付いています。
どんなに価格が安くても欠陥工事や手抜工事が心配。強度が低い、品質が悪いなど「安かろう悪かろう」では全く意味がありません。しかし高いから品質が良いといえないのが今の日本の住宅の現状です。

関西大震災で有名メーカーの高価な家が次々崩壊していったのを皆さんもご存知なはずです。余計な宣伝費や大量の営業マン、下請け業者の何重もの中間マージンで価格が上乗せされるのに、契約をとってしまうと下請け業者が材料費を浮かせ手抜き工事をしていないか、など現場にきちんと目が行き届いていないからでしょうか。

当社は、直接施工いたしますので中間マージンがカット出来るほか、お客様の声もすぐに現場に反映することが出来ます。もちろん建物には全て10年間の長期保証も付いています。創業以来、強度が高く品質のよい建物をいかにコストを抑え造るかを研究してきました。ノウハウについては
こちらでご紹介しています。

「こんなはずではなかったのに」と後悔するのはもってのほかです。不明な点を全て明らかにして、納得の上で次に進んでいくために、口約束はせず、全て文書に残すこともポイントといえましょう。